チンジャオ娘

チンジャオ娘先生の人気作品4作まとめ

投稿日:

チンジャオ娘氏の最近の過去作をまとめます♪

 

大ヒット作が多いこの人!!

 

原作を担当しており、その話づくりのうまさに非常にファンが多いです♪

 

それでは新しいものから順にご紹介いたします♪

 

 

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?

BookLiveコミック【AC】ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?※スマホ専用

配信開始:2018年4月~

原作:チンジャオ娘

作画:煙ハク

 

あらすじ

僕は今、姉とその友人たちJK3人にチ○コを見られている

 

僕の姉は性に奔放な今どきの女子学生。

そんな姉に、不覚にもオ○ニー現場を目撃されてしまったのがことの始まりだ。

 

僕のソレは平均よりもだいぶ大きいらしく、面白がった姉は速攻SNSで拡散。

 

ついには「弟のチ○コ鑑賞会」などという女子会が我が家で催される始末。

 

スタイル抜群の姉・千秋を筆頭に、褐色肌がエロい渚さん、他の2人と違って清純そうな雪子さんと、3人の魅力的なお姉さんたちに見つめられ僕のナニは大膨張

 

「うそ…デカッ!?」

 

彼氏やセフレよりも大きいらしいチ○コにお姉さんたちは大興奮。

 

「もっと大きくしてみようよ♪」

 

などと悪乗りしはじめて…

 

最初は遊びだったはずなのに、まさかの筆下ろしまで!?

 

それ以来、デカチンにドハマリしてセッ○ス目的でうちへ通うようになった姉友たち。

 

もはや僕(のチ○コ)にメロメロで、他の男じゃ満足できないらしい。

 

ひょっとしてこのデカチンなら、あの強気な姉も僕だけのオンナにできちゃうんじゃないか…!?

 

 

感想

姉ギャルをその巨大なぺ〇スで堕としまくる!!

 

百戦錬磨のギャルもこの巨根にはメロメロ!!

自分のモノがそんなに巨大だったら・・・

 

そう考えたらこんなことができるようになるのかもしれない?

 

そう考えると羨ましい!!

めちゃくちゃエロいシチュエーションです♪

 

特に、個人的には、ビッチなお姉さんキャラの渚さんよりも

清楚系ギャルの雪子さんのギャップがエロ過ぎてタマリマセン♪

 

 

また、自分の経験方法な姉も、手籠めにできちゃう♪

この巨根には逆らうことができないなんて・・・

 

ドンドンと、そのチ〇ポの魅力に取りつかれてしまう

ギャル3人が必見です♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽
BookLiveコミック【AC】ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?※スマホ専用

 

 

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは

BookLiveコミック【肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは】※スマホ専用

配信開始:2018年3月~

原作:チンジャオ娘

作画:南田U助

 

あらすじ

俺の母親は気が強くていつもパワフル。

 

近所では「肝っ玉母さん」と評判だ。

 

曲がったことが大嫌いで、悪いことをしたら誰だろうと容赦なくゲンコツ制裁。

 

そんな怖いところもあるけれど立派な母さんを俺は尊敬していた。

 

でもその母さんが、まさかアイツの前では情けなく媚を売って、肉付きの良い身体を貪られるような激しい交尾に耽っていたなんて

 

街で小さな商店を営む大沢家の母・恵美子。

 

彼女は持ち前の面倒見が良い性格から、近所の悪戯坊主・タツヤの世話を焼いていたが…

 

ある時彼に肉体を求められ、断りきれず一夜の過ちを犯してしまう。

 

若いペ○スで熟れた身体を屈服させられ、忘れていたメスの悦びを呼び覚まされた母は、その後も求められるままに家族に隠れて不貞関係を重ね…

 

やがては自らの残り少ない卵子を全てこのオスに捧げたいとまで願うようになり!?

 

 

感想

普段は女なんて感じさせない母が

こんな小学生に堕とされるなんて・・・・

 

ご無沙汰の身体に、この小学生あらしからぬ大きなモノ

そして、果てしない体力!!

 

一回関係を許してしまったが最後でしたねw

全力で、朝まで休みなく続けられる快楽の嵐!!

 

久しぶりの快感をそんな長時間与えられたら

もう抗うことができないようです♬

 

息子の知らない間に、弟みたいに思っていたタツヤに

自分の母がメロメロになっているなんてw

 

マセガキのタツヤの上限のない精力!!

これは見習わなければ!!

 

このガキ侮れません!!

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽
BookLiveコミック【肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは】※スマホ専用

 

 

姉はヤンママ授乳中in実家

BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

配信開始:2017年12月~

原作:チンジャオ娘

作画:エンガワ卓

 

あらすじ

「何よ、アンタも飲みたいの?(笑)」

 

ヤンママの人妻が、ひとつ屋根の下で授乳している!!!

 

俺は現在大学2年生、実家暮らしで気ままな日々を送っていたが…

 

十代で結婚し、家を出ていた姉貴(25)が次男を出産。

 

長男もまだ小さいこともあり、子育てのため実家へ戻ってくることに。

 

昔からガサツな性格の姉貴は、俺の目の前で平気でオッパイをあげたり、風呂上がりにパンツ一枚で長男を追い回したり。

 

 

2度の出産を経験し、すっかり人妻らしい肉付きになった姉の身体に俺の性欲は暴走寸前。

 

そんなある日の夜、姉貴との晩酌中に酔っ払った俺は売り言葉に買い言葉で、姉のオッパイを飲ませてもらうことに!?

 

当然、暴走したオスが授乳だけで止まるわけはなくて…。

 

それ以来、まだ若いくせに子作り経験豊富なメスと家族に隠れてドスケベしまくりの毎日に♪

 

 

感想

結婚して実家を出ていった姉

しかし、第二子が生まれたことで

実家に一時帰宅してきた!!

 

そんな姉と弟が繰り広げるめちゃくちゃエロいすとーりー!

 

こんな無防備な姉がいたら、そりゃガマン出来ませんw

 

弟の事を男として見てなかった姉が、

ある一言をきっかけに男女の深い中にww

 

旦那のよりも良い!!

 

そんな風に言われてみたい♬

 

姉弟だからか、相性も抜群です♪

 

親のいない間・・・子供が寝てる間に・・・

快楽に堕ちていく姉の姿が最高にエロいです♪

 

これでよく妊娠しないなぁってw

しかしこれだけナイスバディで、エロ過ぎる姉

どんだけヤッてもヤリ足りないですw

 

チンジャオ娘先生の中でも殿堂入りしている

作品ですね♪

 

しかも2018年夏に続編も決定しているので

これだけは見ておいてください!!

きっとハマります♪

 

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽
BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

 

神の乳母~異形に奪われた妻~

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

配信開始:2017年10月~

原作:チンジャオ娘

作画:達磨さん転んだ

 

あらすじ

エロ×ホラー!

ベビーシッターのバイトに来た人妻を待っていたのは…

 

人間ではない「何か」だった!?

 

若く美しい主婦・杉山百合恵(29)は夫と息子に恵まれ幸せな日々を過ごしていた。

 

そんなある日、同じマンションの住人がベビーシッターを募集していることを知った彼女は、少しでも家計の助けになればと引き受けてみることに。

 

しかし、その住人の部屋で彼女を待っていたのは…

 

人間の赤子ではない「神様」と呼ばれる異形の存在だった。

 

恐怖で身動きのできない百合恵に迫る怪異…

 

その醜い唇で乳首に食らいつき、男性器のような触手が百合恵の膣内を侵してゆく!!

 

耐え難いほどの恐怖と快楽で陵辱しつくされた彼女はもはや異形に逆らえず…

 

それから毎日「神の乳母」として身体を捧げることに。

 

その悪夢のような日々の中、やがて百合恵は自分の身体を貪って成長してゆく異形に愛おしさを抱きはじめ…!?

 

「許してあなた…私の身体はもうこの子のものになってしまったの」

 

愛おしい妻が、怪異に身も心も奪われていく恐怖とエロス!!♪

 

 

 

 

感想

なかなか子宝に恵まれない夫婦

そんな中のベビーシッターのパート♪

 

こんな恐ろしい異形のモノなのに

ドンドンとそのエロさが増幅していく!!

 

そんな作品です♪

 

神の力なのか?

 

抗えないその快楽に

ドンドンとはまっていく妻がエロ過ぎます♪

 

夫が横に寝ているところに、マンションの外壁を伝って降りてくるその偉業の赤ん坊・・・・

 

旦那にバレたら・・・

そう考えるだけで興奮度はさらに増していく

 

人ではない何かに犯されるその姿は

ゾッとするほどのエロさです♪

 

この作品もオススメです♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

 

いかがでしたか?

その他にもたくさんのチンジャオ娘先生の作品がありますので、是非チェックしてみてください♪

 

BookLive!コミックにて多数配信中です♪

 

➡チンジャオ娘の作品を探す

トップページから「チンジャオ娘」で検索してください♪

-チンジャオ娘
-

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした